回顧録

2016.07.12 Tuesday

cattail

 

 

こんにちは。

 

梅雨、まだまだ続くんですかね。。

 

(もういいわー。。)

 

ここ数日は過ごしやすいですけど、雨が降ると途端に湿気が襲ってきますね。

 

窓を開けるべきかエアコンをつけるべきか、それが問題だ。

 

と、シェイクスピアばりの深刻さで、毎日、苦悶しています。

 

 

さほど苦悶することなく窓を開けた、ある日の朝の話をさせてください。


 

我が家のリビングダイニングの南側は、大きな窓なんです。

 

もっと言うと、L字型で全窓なんです。

 

そのLの長辺の方の窓を開けたんですね、その時は。どうでもいい説明ですけど。


 

そしたら、窓の”サン”に、激しくうごめく何者かがっ!

 

トカゲっ!!!

 

と、その シッポ!!!!!!!!!!!!!!!!!!(叫)

 

そのシッポ!!! って分かるまでに3秒くらいかかりましたけど。

 

 

はじめは、わたしの窓の開け方が至らなかったせいで、

 

トカゲのしっぽを切ってしまったのかと思ったんですよ。

 

や、でも、トカゲってしっぽを切って逃げるって!身を守るために逃げるって!

 

と閃いたときには、トカゲ本体は逃げおおせていました。

 

あとに残されたシッポの元気なことと言ったら...!

 

今も眉間に皺を寄せてこの文章を書かせるくらい元気でした。

 

5分以上も!!!尻尾だけが動いてるんです! 激しく!(叫)

 

 

はじめて見ました、トカゲのしっぽ切り。

 

人事的な意味ではなくて、生物的なやつ。

 

人事的なやつに勝るとも劣らない恐怖を感じました。

 

人事的なやつを目の当たりにしたことは無いんですが、実際は。

 

これ以上に怖いんでしょうね、きっと。

 

 

で、驚愕の声をひと声上げた後に、

 

すぐさま自然科学的な脳に切り替わり、

 

(男児の母あるある、でしょう、これは)

 

リビングで朝食を食べてた息子に向かって、

 

「息子!ほらっ!見てっ!トカゲのしっぽ!!!こっち!来てっ!見てっ!」

 

と誘ったのですが、

 

お母さんの情緒のあまりの緩急ぶりに驚いたのでしょう、一歩も動きませんでしたね。

 

娘はその場に固まって立ち尽くしていましたね。えもいわれぬ表情で。

 

 

トカゲのしっぽが動きを止めた頃、冷静になった我が家のリビングで、

 

にわかに思考を取り戻す子どもたち。

 

「ぼく、まえに、山のトイレで、カラフルなトカゲがしっぽ切って逃げていくの見たよ」

 

と、ウソかマコトか分からない逸話を話す息子。

 

「とかげのしっぽはじめてみたーきもちわるーい」と言う娘。

 

動き回ってるとこ、見てないくせに。母は夢に見そう。。。

 

 

さらに平常心を取り戻した頃、そういえば二年ほど前、登山した時に、

 

息子がトカゲのしっぽ切りを見たと言ってたな、と思い出しました。

 

 

人間、いついかなる時も冷静でありたいものですね。

 

わたしは日頃から「冷静であること」を心掛けて生きているのですが、(実は)

 

改めて「日々冷静」を心に誓った出来事でした。

 

はやく梅雨が終わればいいのに。

 

※トップの画像は自主規制により、「切れないシッポを持っている和める写真」にしました。本文とは一切関係ありません。

 

 

 

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

コトリ

 

 

コメント
コメントする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...